直毛でお悩みの方が、ショートヘアにする時にしたほうがいい”あること”

毎日ショートヘア切ってます。NUIのナガトメです。

くせ毛を活かさせていただくことが基本的には多いのですが、中には直毛の方ももちろんいらっしゃいます。

直毛の方はクセがある方と違い以下のことがネックになって来ますよね。

  • 毛先がピンとしちゃう
  • 潰れやすい
  • 流れない

簡単にいうとこんな感じでしょうか。

直毛の種類にもよりますが、あることをすることで収まりのいいショートヘアを手に入れることがあります。

それは”ツーブロック”

僕のカットの仕方は、全体を繋げ合わせる+”いらないところを削る”です。

その時に必要になってくる方法がツーブロックなのです。

ツーブロックって刈り上げじゃないの?

こんなふうに思っている方も多いかと思いですよね。

実際昔は男性がやるものだったり、女性でも個性的に見せたい方はガッチリ刈り上げにしていて、それをツーブロックと呼んでいたかもしれません。

でも僕の考え方としては、

ツーブロック=二つのブロックに分ける

これだけです。

実際にツーブロックにしたスタイルです。

「えっこれが?」

って思われるかもしれませんが、これがツーブロックです。

どこを二つのブロックに分けているかというと、

もみあげ部分と、襟足部分です。

もみあげ

もみあげ部分て直毛の方からするとすごく動きがでずらい場所ですよね。

だからその部分を短くして上から被してなじませています。

襟足

襟足部分も同様に動きが出ずらいです。

襟足に関してはツーブロックにするだけでなく、頭の形も活かしてあげる必要があります。

それを上手く組み合わせると直毛の方でもある程度の丸さが出て来ます。

(個人差がありますのでまずはご相談を。)

ツーブロックはあくまでも方法論

ツーブロックといっても極端に刈り上げにしなければいけないわけではありません!!

”見た目には普通の収まりでも実はツーブロックになっている。”

そう言うこともあります。

美容師によって考え方は様々ですが、僕はそんなことを大事にしています。

ツーブロック。

オススメです^^