縮毛矯正をやめて『くせ毛を活かしたショートヘア』にするには

先日お客様の髪をスッキリとさせていただきました。

切る前の長さはこちら

もっと長かったのですが、一年くらいの時間をかけて徐々に短くしてきました。

なぜ一年以上時間をかけてきたかというと、毛先に縮毛矯正が残っていたためです。

縮毛矯正が残った状態でのショートヘアは難しい

これは僕の考え方なのですが、毛先に中途半端に縮毛矯正が残った状態で短くしてしまうとまとまりません。

なので地毛の部分を増やしていくために一年くらいかかったということです。

現状まだ毛先にストレート部分は残っているのですが、ご希望の長さにするときにはそれも無くなってしまうので今回は思い切って短く。

以前『クセを活かしてボブくらいの長さでまとめられたら・・』

と、理想を教えていただきましたが、その理想を叶えるのはクセの性質上難しいとお伝えしました。(縮毛矯正などはせずクセを活かす前提)

そしてそれから相談に相談を重ねてスッキリ短くと。

初めのご希望とは違う形となりましたが、結果的に喜んでいただけて何よりでした。

縮毛矯正をやめていくには時間がかかりますし、そもそも縮毛矯正自体が悪いわけではありません。

ただ、『クセを活かす』場合には邪魔をしてしまう場合が多々あります。

これも人によりけりなのではっきりしたことは状態を見てみないとなんとも言えないんですけどね。

参考程度に受け止めていただければ幸いです^^

ではでは。

〜追記〜

クセを活かすカットをしてその後

お客様から次回のご予約と嬉しいお言葉を。

これからもクセを活かせるよう励みたいと思います^^

夫婦、個人で独立開業したい方向けの記事
体験談をまとめていますので、独立に向けて不安を抱えている方はぜひご覧ください^^        
          ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

結果が出ない美容師が独立するために必要なことと、その後の知識|nagatome_hair|note

*2018年6月追記*2018年8月追記 ここ数年は独立やフリーランスで活躍される方が増えてきましたね。 とかくいう自分も、東京で10年務めたのち30歳で妻の地元”長野県長野市”で独立して夫婦美容室を経営し始めました。 顧客ゼロの状態からの経営開始だったので不安の連続。 でも今の時代だからこそできることがたくさんあるんだということにも気づけました。 …