【白髪が黒髪に戻る?】Lienの『No.2ブラックローション』の紹介


配送もやっていますので、遠方からの購入も可能です


白髪にお悩みの方は下記のブログを一度ご確認ください◎

   

ヘアカラー後の『頭皮トラブル』を【ZEROカラーケアフォーム】で緩和


ヘアカラー後のケアだけでなく、『かゆみ』『べたつき』『匂い』『白髪』『ボリュームダウン』などの悩みにも有効◎


頭皮トラブルでお悩みの方は下記のブログを一度ご確認ください

   

AGA(男性型脱毛症)の悩みに応えるヘアテクトの紹介


AGAは早期治療が重要です。薄毛、細気に悩む男性はぜひ一度ご確認ください◎


ブログ内では、NUIが提供しているクーポンで初回2000円offになります。

メデュラ提携サロン限定クーポン


メデュラを購入する際にお得に購入するためのクーポンを提供しています。

・初回注文¥8330 → ¥3460(¥4870お得になります◎)

・初回送料無料


 こちらのボタンを押すとクーポンコードをコピーできます。

作り方や内容を詳しく知りたい方は下記をチェックしてみてください◎

   

ホタル提携サロン限定クーポン


ホタルを購入する際にお得に購入するためのクーポンを提供しています。

・初回注文¥16445 → ¥4380(¥12065お得になります◎)

*使用開始期間は2021/9/1から


 こちらのボタンを押すとクーポンコードをコピーできます。

作り方や内容を詳しく知りたい方は下記をチェックしてみてください◎

『ワードプレス』CSSとjQueryで動きをつける簡単な方法

『ワードプレス』CSSとjQueryの使い方

ブログやwebサイトをいじっていると『動き』が欲しくなるなってくることってありませんか?

ワードプレスであればプラグインを使って文字や画像などに動きを加えることもできますが、オプションであるプラグインに頼り過ぎてしまうとどうしてもサイトが重たく(動きが遅く)なってしまいます。

そこで覚えておきたいのがcssとjQueryとなるわけですね。

それでは早速。

色々フワッと動かしてみる

僕が使うのは見出し、画像、ポイントをおさえたい文章などです。

見出しをフワッと

見出し

画像をフワッと

ポイントを押さえたい文章をフワッと

ポイントを押さえたいからフワッとさせてます◎

なんとなく動きがあると目がいきますよね。使いすぎるとしつこいと思うので、あくまでも『大事だな』と思うところで使うといいかもしれませんね◎

ここからが本題ですが、どのようにすれば使えるようになるのか。

✔注意

簡単とはいえ、自信のないかたはバックアップをとってから行うようにしましょう。

コピペの順番

まずは下記をコピーします。

テーマエディターにコピペ

<script>
		$(function(){
    $(window).scroll(function (){
        $('.fade').each(function(){
            var targetElement = $(this).offset().top;
            var scroll = $(window).scrollTop();
            var windowHeight = $(window).height();
            if (scroll > targetElement - windowHeight + 200){
                $(this).css('opacity','1');
                $(this).css('transform','translateY(0)');
            }
        });
    });
});
</script>

これをテーマエディター【header.php】の中の<head></head>の間にペーストします。(この意味がよくわからない人は</head>の真上くらいにペーストしましょう。)

基本的にはこれで使えるようになると思います◎

が、ワードプレスのテーマによってはこれでは反応がない場合があります。(僕のがそうでした)

動かない場合は、先ほどペーストした物のさらに真上にこちらも加えましょう。

<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/3.3.1/jquery.min.js"></script>

これでokかと思います。

追加CSSにコピペ

.fade{ 
	opacity : 0;
  transform: translateY(20px);
  transition: all 1.2s;
}

カスタマイズ画面にある追加CSSにペーストしてください。

カスタムhtmlにコピペ

<img src="ここに写真のurl" class="fade">

文章や囲みについても同じような使い方となりますが、classについての説明ははぶかせていただきます。

今回の動きは縦の動きでしたが、横からフワッとも同じようなやり方にはなります。

試してみたい方の参考になれば幸いです◎