“他の美容室との併用”をお客様に提案した理由

僕が施術させていただくお客様は、クセの影響で髪質や髪型に何らかの悩みを抱えている方が多いです。

そんなお客様には自分の技術と知識でできる限りのことをさせていただきます。

当たり前ですよね。美容師ですから。

でも僕の技術と知識では目の前のお客様を幸せにできないなと感じる時もあるんです。

これは本当に悲しいことだし、美容師として不甲斐なさを感じたりもします。

でも事実です。

あるお客様にお伝えした大事なこと。

「OOさんの望みを叶えるならOO美容室に行った方が早いかもしれません・・」

そうお客様にお伝えしてから数ヶ月が経ちました。

するとそのお客様からのご連絡があり、NUIにいらっしゃっていただきました。

「この間お勧めしてもらったところすごく良かったです。シャンプーもトリートメントもそこのオリジナルを使おうかと思っています。」とお客様。

僕は正直、ご自身の髪質を好きになれるのであればそれでOKだなと思っているんです。

だってそうじゃないですか。

自分の髪質を好きになってもらうために”くせ毛を活かす”と決めたんだから、自分の力が至らなければその後のケアまでさせていただきたいすもん。

それが他店だとしても。

そんなお客様からの嬉しい言葉

「でも一つだけ・・。カットはNUIさんにお願いしてもいいですか?」

僕これ嬉しかったんですよね〜。

カラーはここの美容室。

カットはここの美容室。

髪質改善はここの美容室。

そう。

分けたっていいじゃないですか。

でもそう言ったことってお客様自身本当は思っていてもなかなか言えないことなんだと思うんすよね。

スタイリストの人数が多い美容室だったらそれぞれの得意に合わせてそう言った配慮もできるかもですけど、僕みたいな個人美容室となるとね。

NUIのお客様はうち以外の美容室にいきたい時はどうぞ行ってみてください。

そして戻ってきたいときはどうぞ戻ってきてください。

選ぶのも決めるのもお客様の自由なんすよ。

もう少しカジュアルに美容室選びできるようになるといいな〜。

なんて。

 

 

 

 

 

夫婦、個人で独立開業したい方向けの記事
体験談をまとめていますので、独立に向けて不安を抱えている方はぜひご覧ください^^        
          ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

結果が出ない美容師が独立するために必要なことと、その後の知識|nagatome_hair|note

*2018年6月追記 *2018年8月追記 ここ数年は独立やフリーランスで活躍される方が増えてきましたね。 とかくいう自分も、東京で10年務めたのち30歳で妻の地元”長野県長野市”で独立して夫婦美容室を経営し始めました。 顧客ゼロの状態からの経営開始だったので不安の連続。 でも今の時代だからこそできることがたくさんあるんだということにも気づけました。 …