長野県の”気候に合った”ヘアケア情報

長野県に越してきてもうすぐ2年となります。

こうやってブログを書きながら、

トメ
もう2年も経つのか..早っ。

と、過去を振り返っています。

その中で、外から来た自分だからこそ長野の気候と髪質の相性や、紫外線に対するケアへの重要度などを感じる部分がありますので、そんなところをブログに書いていきたいと思います。

長野の気候とくせ毛の相性はいい

僕が感じる長野の気候は”湿度が低く、晴天率が高い。それに加えて冬が長い分乾燥も強い”です

これ、言葉だけ見ると「乾燥強いなら髪も乾燥しちゃうじゃん。」と言う意見も出そうですけど、”くせ毛”の方にはけして悪い条件ではありません。(僕としては乾燥肌なので結構堪えるんですけどねw)

はじめから長野にお住いの方は意識したことがないかもしれませんが、その気候の違いがあるからこそ”クセを活かす”と言うことが可能になってくるんだなと思うのです。

たとえばこちらのお客様

表面は”ほわっ”としていて湿気を吸いやすく、内側のうねりは場所によって強さがまちまちです。

でもカットだけである程度収められます。

これは長野の気候だからできるんだと僕は思っています。

もちろん梅雨時期がないわけではないので、ケアの仕方によってはクセも出ます。

ただ1年365日で考えた時にくせ毛の人が他県の人より悩まされる機会は確実に少ないと感じています。

だから逆を言えば気候が違う県の情報を参考にしても、もしかしたら自分には当てはまりずらかったりもするかもしれません。

くせ毛に合う商品

これも気候によってかなり変わってくるものです。

「東京で今バカ売れ!!!」

と言っても長野でバカうれになるとは限らないんです。

先ほどの湿度の問題を考えると、

「東京だとちょっと物足りない!!!」

くらいの方がもしかしたらちょうどいいかもしれませんよね。

そんな長野の気候にとってちょうどいい商品がこちら

イオセラムシリーズの”集中ケアマスク”です。

これは毎日使うものではなく、週2回くらい使用するものなのですが、髪への保湿にかなり優れているものになります。

水分量が多いシリーズなので冬場の乾燥にも行けるかと。

もちろん毎日のケア(シャンプー)が一番大事なことだと個人的には思っていますが、そうそう「毎日気にしていられない!!」という方も多いと思うので、こんな商品もおすすめな一つです。

詳しくはこちらのブログを

湿気で膨らむ”クセ”に有効な集中ケアマスク

毎日のケアを実践していただいているお客様からも嬉しいお言葉をいただいていますので、「これから髪質を改善していきたい!!」と強く願っているお客様はこちらのブログもおすすめです。

”NUIシャンプー&トリートメント”に関して嬉しいお声をいただいています

本気で髪質を良くしたい人に必要なこととは”vol.1″

本気で髪質を良くしたい人に必要なことvol.2

 

紫外線は強い

長野市の標高は東京でいうと”東京タワーの頂上”くらいだそうです。

だから世に出回っている情報以上に紫外線に対しては意識したほうがいいのかもしれません。

僕自身東京にいた時でも紫外線がジリジリして痛いなと感じていたのに、それを東京タワーの上で生活していると考えると、さすがに「こりゃ気をつけなきゃやばいかも..」となるわけです。

紫外線が強い分、アッシュ系カラーの持ちも標高の低い他県と比べるとあまりよくないかもしれないすよね。

でも今だったらカラーシャンプー&トリートメントがあるからそこらへんは対応しやすいです。

カラーシャンプー&トリートメントを再検証

あとは紫外線予防のこんなトリートメントもいいすね。

髪の色が落ちやすい夏場に最適なヘアケア商品”サンシールド”

それらを踏まえた上でのトリートメントメニュー

ついにNUIでも髪質を改善していくべくオリジナルのトリートメントメニューを作っていきます。

これに関しては7月中旬〜8月上旬メニュー化予定です。

長野県民に必要であろうトリートメントメニュー。

お楽しみに^^

 

 

夫婦、個人で独立開業したい方向けの記事
体験談をまとめていますので、独立に向けて不安を抱えている方はぜひご覧ください^^        
          ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

結果が出ない美容師が独立するために必要なことと、その後の知識|nagatome_hair|note

ここ数年は独立やフリーランスで活躍される方が増えてきましたね。 とかくいう自分も、東京で10年務めたのち30歳で妻の地元”長野県長野市”で独立して夫婦美容室を経営し始めました。 顧客ゼロの状態からの経営開始だったので不安の連続。 でも今の時代だからこそできることがたくさんあるんだということにも気づけました。 …