くせ毛のお客様が言った言葉『美容室に行くのが申し訳ない』

『美容室に行くのが申し訳ない。』

最近ご来店いただいた新規のお客様が言ってた言葉。

なんか『ズシっ』ってきますよね。

でもなぜでしょう。

なぜそう思うのだろうか。

聞いてみると、

『だって美容師さんが困った顔するじゃないですか・・』

なるほど。

自分の推しは『くせ毛を活かすこと』と『収まりのいいショートヘア』を提供すること

僕はメニューとして提示していることはもちろん全てできます。

でもその中でも『くせ毛を活かすこと』や『収まりのいいショートヘア』が自分という美容師を使っていただくには最適ですよ〜。

と謳っています。

その効果もあってお客様の大半がくせ毛の方であり、ショートヘアの方となります。

美容師によってオススメも違う

くせ毛で悩む方の中には活かしたいけど、活かすことを勧められない方も結構います。

でも僕は活かすことを促す事が割と多い。

これは僕がクセを活かす事が得意だからですね。

それ以外もそうですよね。

  • パーマをかけたいけど勧められない
  • ブリーチをしたいけど勧められない
  • 縮毛矯正をしたいけど勧められない

などなど。

担当となる美容師さんによってはあなたにオススメする施術が変わってくるんですよね

だからこそネットを見て欲しい

今や得意なものをしっかりと謳い、

『私のところに来ていただければあなたに〇〇を提供できます』

という意思表示をしている方はたくさんいます。

『美容室に行くのが申し訳ない』

と、思っている方は今一度自分がネガティブに思うワードで探してみてください。

あなたに『美容室に行くのが楽しみ』と、思わせてくれる方に出会えるかもしれません。

というか、そうであって欲しいですよね。

ぜひ探してみてくださいね^^

夫婦、個人で独立開業したい方向けの記事
体験談をまとめていますので、独立に向けて不安を抱えている方はぜひご覧ください^^        
          ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

結果が出ない美容師が独立するために必要なことと、その後の知識|nagatome_hair|note

*2018年6月追記 *2018年8月追記 ここ数年は独立やフリーランスで活躍される方が増えてきましたね。 とかくいう自分も、東京で10年務めたのち30歳で妻の地元”長野県長野市”で独立して夫婦美容室を経営し始めました。 顧客ゼロの状態からの経営開始だったので不安の連続。 でも今の時代だからこそできることがたくさんあるんだということにも気づけました。 …