松本クラフトフェアで感じた美容師としての仕事感

本日は毎年恒例になっている松本のクラフトフェアに行ってまいりました。

別に毎年行かなくてもいいと言えばそうなんですけど、いろいろ刺激にもなるんですよね。

作家さんたちの想いが詰まっている品々を見ていると尊敬の念が止まないです。

僕は美容師ですし、何にか物を作って売っているかというとそうではない。郵送もできなければ持ち運ぶこともできない。

でも『作り手』という意味では想いは似ていたりするのかなーと思ったりします。

松本クラフトフェア

この松本クラフトフェアがとにかく来場者が多い 笑

中に突き進んでいくと広場もあったりするのですが、

基本は人、人、人です。

先ほどの『作り手さんと想いは似てるのかなー』というお話ですが、

僕がお客様に髪型を提供する時に1番大事にしていることは

『普段の生活にマッチしているか』

ということです。

その場しのぎじゃダメで、朝起きた時、仕事に向かう時、家族で過ごす時、友人と過ごす時、髪を乾かす時など普段の生活に髪型がマッチしているかをすごく考えます。

だからお客様にはもしかしたら説明が長くてうんざりされている時もあるかもしれません 笑

でもそれくらい希望のスタイルにしていくには『今』やれるのか、『一年後』にやれるのか現状の髪質によって違いが出てきたりするのです。

やっぱり自分が携わっている方は幸せに過ごしてもらいたいですからね。

自分の想いはこれからもしっかり伝えていきたいと思っています。

商品に込める想い

素敵な作家さんたちがいっぱいいるので本当目移りしちゃうんですよね。

だからインスピレーションだけで今回選んだのがこの2つ。

上のキーリングは私物ですが、下の一輪挿し(二輪挿し?)は妻に好みのドライフラワーでも挿してもらおうかなーと思って買ったもの。

お店に置きますのでどんなもんか見てみてください^^

こう言った商品なんかも相手のことを考え作っているんですよね。

当たり前っちゃ当たり前なんですが、使うであろう人間のことを考えて届けるって実は忘れがちなのかなーって思う時がたまにあります。

この松本クラフトフェアに出展している方々は届けたい人達がハッキリしていて、買う側の自分もそれに応えたいなーなんて思ったりします。

使う以上は作り手の気持ちにも応えたいですからね。

息子も作り手

息子はまだ商品を見てどうこうということは何らありません 笑

ですがコツコツ何かを作っています。

うん?何だこれは・・?

一握りできるくらいの石に砂と葉っぱを粉々にしてまぶしていました。

何かはわかりません。

全然わかりません。

もしかしたら何も考えてないのかもしれません。

でも、

でも何か想いがあるのかもしれません。

『できた!!』

って言っていたので 笑

やっぱり丁寧な仕事に触れるのはいいなーと改めて感じた一日でした。

おすすめです。

松本クラフトフェア^^

夫婦、個人で独立開業したい方向けの記事
体験談をまとめていますので、独立に向けて不安を抱えている方はぜひご覧ください^^        
          ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

結果が出ない美容師が独立するために必要なことと、その後の知識|nagatome_hair|note

*2018年6月追記 *2018年8月追記 ここ数年は独立やフリーランスで活躍される方が増えてきましたね。 とかくいう自分も、東京で10年務めたのち30歳で妻の地元”長野県長野市”で独立して夫婦美容室を経営し始めました。 顧客ゼロの状態からの経営開始だったので不安の連続。 でも今の時代だからこそできることがたくさんあるんだということにも気づけました。 …