乾かし方を1年間変えた結果、”くせ毛”の活かし方はこう変わる。

くせ毛を活かしているととても嬉しい瞬間がありまして、その時僕はお客様にだいたいこう言います

「なんか前よりクセ弱くなりましたよね・・笑」

そう。

クセが前より弱くなっているんです。

そのお客様の仕上がりはこちら。

というよりクセがあるように感じませんよね。

くせ毛はあることを続けることにより”馴染む”可能性があります。

くせ毛を活かしたい人が今日からすべきこと

僕がクセを活かす際に大事にしていることは前々からお伝えしていますが、乾かすこととシャンプーを見直すことです。

これを意識するだけで結構変わります。

もちろん皆さんの髪質が確実に変わるわけではありませんのでご相談いただければと思いますが・・

今回このお客様にやってもらっていることは”乾かし方を変えること”。

これだけです。

一年前のクセの状態

写真のお客様は約一年前に初めてご来店いただいた時はこんなことが気になっていました。

一年前の時点でクセ活かすことを考えた時にどこまで切れるかというと、ここまででした。

この写真だけ見るとクセがないように見えますがボリュームを取る前はかなり広がっています。

”うねり””広がり”この2つのクセがあるからこの長さが限界かなと思っていました。

一年前までは・・

でもお客様自身が、僕が伝えた通りに乾かし方を変えてくれたおかげでかなり状況は変わってきました。

乾かし方を変えることによって”うねり”に変化が出る

お客様との会話でもこう言っていました。

「乾かし方を変えるだけでクセが変わるとは思っていなかった・・」

今回お客様が乾かし方を変えて積み重ねてくれたおかげで襟足のうねりが解消されていたんです。

切る前の写真だから先ほどと違い濡れていますが、一年前のようなうねりはほとんど感じません。

これはかなり大きんですよ。

クセを活かすには・・

この部分の収まりが効くようになるだけで切れる長さが全然違ってくるのです。

だから自分も改めて感じるんですよね。

「やっぱり乾かし方って大事だよなー・・」って。

ボリューム感が変わったわけではない

うねりは無くなってきたのですが、ボリューム感が変わったわけではないんです。

量感を取る前の写真はほとんど変わりません。

NUIで切る場合はクセを活かす場合は濡れている状態でボリュームをことはほとんどありません

どちらもボリューム感はありますよね。

だからここに関しては切り手の腕の見せ所です。

美容室の仕上がりを自宅で

僕が常々思い描いている事はこれなんです。

”自分でスタイリングした時に同じになってほしい”

これはエゴも少し含まれているのですが、お客様が家に帰ってできないと意味がないと思っているんです。

クセを活かすと言ってもその時々の状況状態でお伝えする事も違いますし、オススメするスタイルも違います。

だから今回のブログに書かせていただいたお客様のように改善を一緒に頑張ってくれると嬉しいですし、結果がついてきやすいんだろうなと改めて思うわけです。

美容室でやってあげられることって実は些細なことで、結局はお客様にお願いすることがほとんどなんですよね。

クセを活かすにはお客様の協力も必要

僕には自分だけの力で活かしてあげることには限界があると感じています。

やっぱり最後はお客様頼み・・

情けないですが。

でも自分の力で価値観を変えてあげる”きっかけ”ぐらいは与えてあげられると思っています。

きっかけ以降はお互いの努力が必要となります。

一緒にクセを活かす道を探しましょう

きっと世界観が変わります。

今までネガティブに思っていたものがポジティブになれば。

だから一緒に見つけましょう。

あなたのクセが活きる可能性を^^

仕上げにブラシやコテは基本的には使いません

乾かし方についてはこちらのブログをご参考ください。

本気で髪質を良くしたい人に必要なこととは”vol.1″

夫婦、個人で独立開業したい方向けの記事
体験談をまとめていますので、独立に向けて不安を抱えている方はぜひご覧ください^^        
          ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

結果が出ない美容師が独立するために必要なことと、その後の知識|nagatome_hair|note

*2018年6月追記 *2018年8月追記 ここ数年は独立やフリーランスで活躍される方が増えてきましたね。 とかくいう自分も、東京で10年務めたのち30歳で妻の地元”長野県長野市”で独立して夫婦美容室を経営し始めました。 顧客ゼロの状態からの経営開始だったので不安の連続。 でも今の時代だからこそできることがたくさんあるんだということにも気づけました。 …