ハサミの使い分け

今回のブログはこちら

カットをする際のハサミの使い分け

 

やはり僕はくせ毛のお客様を担当させていただくことが多いのですが、くせ毛のお客様って”すきバサミ”をあまり好まないんです。

そのハサミはこれですね。

歯がジャキジャキするやつです。

会話の中でも「すきバサミは怖い」「すきバサミって言葉だけでドキッとする」など、全然いいイメージがないんすよね。

でもまあそれもそのはず。

くせ毛という髪質に”すきバサミ”はあまり相性が良くない。

もちろん僕も使いますよ。

使いますけど使う場所は割と限定しています。

同じ量をとるでもどちらかというとこのハサミを使うことが多いです。

胴体が太くて先っちょが丸いハサミ。

通称”笹刄”(笹の葉に似ているからでしょう)

このハサミを使ってある切り方を多用します

くせ毛に有効なカット技法”スライドカット”

基本はこれですかね。

“スライドカット”

あとは毛先をなじませるチョップカットを織り交ぜながら切っていくことが多いです。

ちなみになんでこのブログを書いたかというと、お客様がいらっしゃった時に「美容院探すときに検索で”すきバサミ 使わない”とか”スライドカット”で調べたんだけどなかなかくせ毛の扱いが得意そうな美容院を見つけられなかったんですよね〜」と言っていたんです。

僕はそもそも美容師以外の方が”スライドカット”という言葉を知っていることに驚きましたけどねw

でも今までうまくいったことなかったりするとそういった深いところまで調べるのかもしれないすよね。

切り方に不安を抱いている方のために載せておきたいのですが、そのスライドカットを使って作ったスタイルブログがこちらです。

くせ毛を活かすために必要なこと。やってはいけないこと。

”コンフィデンスマン長澤まさみ”最新髪型はこうやって作る

クセが強くても、活かし方はある。

くせ毛を活かすカットとそうでないカットはやり方がそもそも違う

今までくせ毛が活かせた覚えがない人はそこらへんに改善点が眠っているのかもしれません。

僕は明確にカットの仕方が違うと思っています。

どんなカット技法でも正解・不正解があるわけではないので、”自分に合った”切り方が見つかるといいですね。

僕はおすすめです。

”スライドカット”

ぜひお試しあれ。

夫婦、個人で独立開業したい方向けの記事
体験談をまとめていますので、独立に向けて不安を抱えている方はぜひご覧ください^^        
          ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

結果が出ない美容師が独立するために必要なことと、その後の知識|nagatome_hair|note

ここ数年は独立やフリーランスで活躍される方が増えてきましたね。 とかくいう自分も、東京で10年務めたのち30歳で妻の地元”長野県長野市”で独立して夫婦美容室を経営し始めました。 顧客ゼロの状態からの経営開始だったので不安の連続。 でも今の時代だからこそできることがたくさんあるんだということにも気づけました。 …