伝えることの大事さ

本日”子供のカットの仕方講座”をお客様向けに開きました。

以前ブログにてこんな質問を。

【お客様向け】子供のカット講座って見たいですか?

開こうと思ったきっかけは割と単純で、

”困っている人が多かったから”

お店に連れていくにしても子供の機嫌もありますからね、切れる確率は3分の1くらいでしょうか。

うちの子に限っては眠ってないと切れませんw

それくらい子供の髪を切るのってタイミング的に難しんすよね。

でもどう切っていいかわからない方が多いのが現実。

ではどうするか。

切り方がわからないなら伝えればいい

僕は常々こんなことを思っていました。

「親御さんが切るのが一番いんじゃないかな..」と。

子供も安心するし、親御さんも美容院に行くタイミングをわざわざ図らなくていいですからね。

コツだけ知っていればいい

切り方云々まで細々と覚える必要はないんです。

ってか無理っすよねw

お客様だって細々言われても意味ぷーだと思いますし。

だから今回は簡単にコツだけ。

”前髪は二段に分けてこう。”

”襟足はピョンと出てきやすいから出てきたらこうやってこう。”

”すきバサミは乱用しない方が良い。”

美容師だったら当たり前のことでもお客様からしたら初めてのことだらけだと思います。

やっぱり伝えるのは難しい

対美容師さんに伝えるのも難しいですけど、普段ハサミを持たないお母さん方に伝えるのはやはり難しい。

そして、自分のボキャブラリーの無さを実感するんすよね〜。

ただこれも継続が必要だし、チャレンジして見ないことには何にもわからないですからね。みなさんにお伝えして、「勉強になった!!」と言っていただけましたが、一番勉強になったのは僕です。

ありがとうございました。

多方面から”聞きたい”との声をいただきました。

やっぱりそれくらい困っているんですよね..

そんなにしょっ中できるわけでも大人数に一度にお教えすることもできませんが、次回も必ず開こうと思います。

僕自身今は試行錯誤中で、色々なことにチャレンジして行っている段階です。

これからのことを見据えた上で計画的にやっていきますので、次回の開催をおまちくださいね^^

 

 

 

 

 

夫婦、個人で独立開業したい方向けの記事
体験談をまとめていますので、独立に向けて不安を抱えている方はぜひご覧ください^^        
          ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

結果が出ない美容師が独立するために必要なことと、その後の知識|nagatome_hair|note

ここ数年は独立やフリーランスで活躍される方が増えてきましたね。 とかくいう自分も、東京で10年務めたのち30歳で妻の地元”長野県長野市”で独立して夫婦美容室を経営し始めました。 顧客ゼロの状態からの経営開始だったので不安の連続。 でも今の時代だからこそできることがたくさんあるんだということにも気づけました。 …