便利な時代だからこそ”言葉”で伝える

世の中がほんと便利になってきましたよね。

電話が苦手な人でもGoogleアシスタントを使えば店舗への予約ができてしまう時代。
「すっげ〜」って思ってしまうw

それと同時に怖いなとも思ってしまいますよね。

AIが発達することが怖いのではなく(そこはむしろ楽しみ)、”自分自信で考えなくなってしまう事”が普通に起こりそうで怖いという感じです。

だって考えなくたってほとんどのことをAIがやってくれるんすから。

すっげ〜時代です。

言葉を書くということ

先日あるテレビ番組で言っていたのですが、

”言葉は聞くだけでなく書いたほうがいい”らしいです。

学生の最近の英語の授業なんかは書くことよりも聞いて話すことを重要視するみたいですけど、”書く”ということは”聞く”ことよりも頭を使って考えるから思考のスピードが上がるそうです。だからと言って今の授業体制が悪いかというと正直僕にはわかりません。

でも実際自分はブログを通じて”言葉を書く”ことを意識し始めてから、何事にも起承転結を意識できるようになってきました。

何をどう伝えれば相手に届くのか..

すごく大事なことです。

今までの自分にはそこが足りなかったなと思う反面、”伝えることの楽しさ”を改めて実感しています。

それを教えてくれたのが”Routine”

ホントにめちゃくちゃ感謝しています。

4月にはお題ブログというものがありまして、お題に沿ったブログを会員の皆さんが書いてオンライン上で総評を行うというものが行われました。

今回のお題は【癖毛】
僕の大好きなやつですw

皆さん様々な想いでブログを書いて行くのですが、ここで感じることがあるんです。

一重に”癖毛”と言っても、それぞれのスタンスが違うからブログの内容は様々。
すごくいいことだと思います。

みんな一緒じゃつまらないし、違うからこそ人のブログを見てまた学びが生まれます。

言葉のチョイスや最後の締め方。ストレートを勧める方もいればパーマを勧める人もいる。(ちなみに僕はやはりカット推しです)

それをRoutineのオーナーのお二方が総評してくれます。

よく”昔は良かった”と聞くのですが、本当に今は良くないですかね?

僕は”今で良かった”と感じてしまう派です。

だって昔はこんな学び方なかったですし、お客様への伝える手段も少なかったですもん。

僕は未来が楽しみ

少子化だの財政問題などあまり未来に対して明るいニュースは少ないかもしれないですけど、個人単位で考えると進化したい人はいくらでも進化できる時代だと感じます。

「オンラインは寂しい気がする..」そんな考えもあるかと思いますが、”オンラインの楽しさを知らないのは勿体無い”という考え方もありますよね。

やって見てから向き不向きを考えても遅くないと思いますよ。

そんなことを”ブログという言葉”で伝えたいな〜と。

美容師さんでSNSやブログなどチャレンジすることに躊躇している方は”オンラインサロンRoutine”めちゃめちゃオススメです。

進化したい人は是非〜。

本田晋一/岩田考司/長澤圭佑 – Routine〜SNSプロモーション特化型美容師オンラインサロン〜 – DMM オンラインサロン

【概要】関西で発信力に長けた3名の美容師による会員制オンラインサロンです。地域に関わらず「個人発信力」を主に学べます。スタイリストやアシスタントはもちろんのこと、美容師のみならず多くの業種にとって為になると思います。沢山のオンラインサロンが

夫婦、個人で独立開業したい方向けの記事
体験談をまとめていますので、独立に向けて不安を抱えている方はぜひご覧ください^^        
          ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

結果が出ない美容師が独立するために必要なことと、その後の知識|nagatome_hair|note

ここ数年は独立やフリーランスで活躍される方が増えてきましたね。 とかくいう自分も、東京で10年務めたのち30歳で妻の地元”長野県長野市”で独立して夫婦美容室を経営し始めました。 顧客ゼロの状態からの経営開始だったので不安の連続。 でも今の時代だからこそできることがたくさんあるんだということにも気づけました。 …