noteに第二章”確定申告編”追記しました

独立すると今まで雇われていたときとは違い様々な事務作業をしなければいけません。

それの代表が”確定申告”かと思われます。

僕もオープン当初は

  • いつ確定申告なのか
  • どうやってするのか
  • 何ですればいいのか”

全くわかっていませんでした。

常にグーグルグーグル。

2016年は僕の人生で一番ググった年となったのは間違いありません。

だから僕のnoteを購入いただいた方には少しでもググる手間を減らしてもらえるように、独立後に自分が必要だなと思ったことを追記して行きたいと考えています。

そんなこんなで第二章は”独立後に必要な確定申告”

触りはこんな感じ

僕は独立する前にやたらと経費だとか確定申告が気になっていました。

何でも、経費経費経費経費…
確定申告は、怖い怖い怖い怖い…

なんか呪文のように自分の中で唱えていましたね。

それはそうです。

美容師さんてやっぱり技術屋さんって考え強いですから。

美容の技術なら自信はあるけど、それ以外はちんぷんかんぷんってこと意外と多いと思います。

でもどれも考え方次第ですし、フリーランスや夫婦経営くらいの規模なら自分でできますのでご安心ください。

ちなみに確定申告とは、1月〜12月の経費や売り上げを計算して年間の自分の所得を出す作業です。そうしてできた書類を2月15日〜3月15日の間に地域指定の申告会場に提出します。

管理面倒だからお金払ってでも業者に頼みたいという人は年間数十万かかりますがそちらを使うのがいいでしょう。そうすれば自分でやる作業は毎年の提出のみとなります。

ちなみに自分でやっている僕は年間数千円です。

この数千円とは何かというとですね…

ちなみにこのnoteは章を加えていくごとに¥200づつアップしてく予定です。購入しようか悩んでいる方は早めの購入の方がお得にはなりますので、ぜひご検討ください^^

noteを書こうと思ったのはこんな理由から

“note”で有料記事を作成中

夫婦、個人で独立開業したい方向けの記事
体験談をまとめていますので、独立に向けて不安を抱えている方はぜひご覧ください^^        
          ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

結果が出ない美容師が独立するために必要なことと、その後の知識|nagatome_hair|note

ここ数年は独立やフリーランスで活躍される方が増えてきましたね。 とかくいう自分も、東京で10年務めたのち30歳で妻の地元”長野県長野市”で独立して夫婦美容室を経営し始めました。 顧客ゼロの状態からの経営開始だったので不安の連続。 でも今の時代だからこそできることがたくさんあるんだということにも気づけました。 …