美容室の経営を夫婦で1年間続けてみて感じること、これから先の考え方。

長野市美容室NUIのナガトメです✂︎

2016年に独立をして、2017年の今年9月に美容室経営が一年を迎えようとしていすので、そのブログを書いてみたいなと

夫婦経営とは

初めは夫婦で経営なんて無理でしょって思ってた時期もありました
正直 汗

だって家でも一緒、出かけるのも一緒、店でも一緒
一緒すぎでしょーよ!!!

多分夫婦経営されている方はそういった不満はつきものかと思います。

でも結果から言うと
”そんなに悪いものではない”

ポジティブに捉えれば、世の中で僕以上に僕のことをわかっている人間は母でもなく父でもなく、おそらく妻であると言うこと
そんな人間が近くにいて助言をしてくれることは今まで自分が犯してきた失敗のリスクが減ると考えられます

そんなこんなで、これから夫婦営業を始める方のために自分の経験を書いてみます
(自分が始める時に色々な方のブログを見ていたので、その一つの参考になれば幸いです)

夫婦営業のメリット

• 時間が共有できる、融通がきく
• お互いの長所、短所が把握できているぶんリカバーしやすい
• 人件費がかからない
• 一緒に成長できる

夫婦営業のデメリット

• 一緒の時間が長い
• 視野が狭くなりがち
• 妥協しがち

経営を始める前はもっとデメリットの方が多いだろうと個人的には考えていましたが、実際に営業をしてみると思いのほかメリットが多く意外な誤算が♩

でもまあそんなこっとを言っても
二人でやっていくと言うことはそんなに簡単なことではありません。

他人なら我慢できたり、まーいっかと思えることでも
夫婦では些細なことが喧嘩の原因になることも多々あります。

営業に引きずってしまっては本末転倒
そんなことにならないための”マイルール”
は必要かと思います

• ブログは家族よりもちょっと早く起きて朝書く
• 喧嘩は次の日まで引きずらない
• 店にいるときはスタッフとして扱う

簡単そうなことですが意外にできないと思いますコレ笑



例えばブログ
最近日課になっているのですが、スマホでかくことが多いです
家でかいていたりすると
「スマホばっかいじってないで、子供のこともっと見て!!!」

自分の中では、「いやいや遊んでるわけじゃないし…」なんて思っていましたけど、やはりメリハリは大事です。そうなると朝早起きして書くのが一番効率が良いのです
(早起きなれると気持ちいいですし、妻の目も気にしなくて済むので良いですよ 笑)

これから益々スマホは仕事に必要なアイテムになる分、そこらへん決めて置いた方がいいすよね

実際マイルールのおかげもあり、先ほど挙げた
夫婦営業でのデメリット
はほぼほぼ解消されましたよ〜

(まぁ実際は僕1人での営業時間がほとんどではありますが)

大事なのはその状況をどうすれば自分や妻が”楽しい”と思えるか

その中にはもちろん我慢もあれば、不満も出てくるかと思います
でもそんなことも踏まえたうえで、「それも成長か」と思える余裕が大事っすよね

世の中で
【トライ&エラー】
なんてよく言われていますが、家の中で家族に向けてそれをできるかできないか
これは非常に大事なことかと思います。

以前の僕は
【トライ&トライ】か【エラー&エラー】の不のスパイラルでした笑

夫婦で経営していくと言うことは、
店舗での営業以上に
実生活でのお互いのトライ&エラーが何より必要不可欠になり

その結果が営業での結果に直結してくると思っています。

まだまだ自分たちも経営一年目の未熟者です
5年後にも夫婦でやり続けているかもしれませんし、雇用を開始しているかもしれません。
(一年後にはその答えにたどり着くことが2年目の課題です✂︎)

ただ軸だけはしっかりと持って経営していきたいと考えております。

NUIとして大事にしていることは

年齢を重ねるごとに楽しめるヘアプラン作りを提供すること

時代の流行はあまり意識しません

頭の中に入れとくぐらいで、必要があれば提供しますし、必要がなければしまったままにします

個人でやると言うことは狙いを明確にする事だとこの1年で痛感いたしましたので

さてさて

2年目はどれだけ自分達が成長できるか楽しみです✂︎

その後の記録をブログに書きましたので是非
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

妻の意識と自分の意識がリンクし始めてきた話

長野市美容室NUIのナガトメです✂︎ 夫婦経営を行なっていると なあなあになることがあるとよく聞きます 実際自分のところもないかというと ややあるかなーと思わざるを得ませんし泣 以前こんな記事を書きましたので夫婦経営されている方は見てみてください 【美容室の経営を夫婦で1年続けてみて感じること】 最近こんなことを言われたのです ・・・・!!! オープン当初は僕が教えると教え方が怖いって言ってたあの妻が… そんな経験から (妻にトメと言われています・・・お前もナガトメだけどなって思いつつ) だって怖いって言ってケンカになったじゃんw みたいな気分ですよ僕からすると それでも妻は ・・・嬉しい 嬉しいですよ僕は!!! 夫婦で営業をする 技術を教える サービスを提供する 自分たち次第でいくらでもごまかせてしまうことだからこそ “手を抜きたくない” そう思っていたので妻からの練習の提案はとても嬉しく感じてます 以前の自分の反省としては 意気込みすぎて圧力が強くなりすぎてたのかなと 近い存在だからこそ教える距離感て難しんすよね それは教わる距離感も一緒なのかなと 今ではいい教訓になってます 何事も一緒なのかもしれませんが、言われたことを淡々と流れ作業で覚えていくことと、自分で考えて良し悪しを理解しながら覚えていくのでは雲泥の差だと思いますしね。 妻である前に一人の人間、夫である前に一人の人間 お互いが良き相棒になり、お客様に喜んでいただけるように精進していきたいと思いますm(__)m