美容室紹介所でも開こうかな〜なんて。

最近こんなこと思っています。

お客様が美容室選びに苦戦しすぎ

これ別にお客様や美容室が悪いっていってるわけじゃないですからね!!

やっぱり美容室選びってなかなか難しいと思うんですよ。

美容師も万能じゃないし僕にだって得意不得意はあります。(だから得意なものをお店としてウリにしているわけです。)

でも、それにしても美容室難民の方って多い気がするんですよね。

情報は溢れているのになかなか思うところに当たらない。

なんででしょう..

と、ここで僕は思うのです。

髪型は”好み”で探しますか?”自分に似合う”スタイルで探しますか?

これ結構大事なことです。

自分に似合っているスタイルと、好みであることは必ずとも一緒だとは限りませんので。

なぜか。

僕が考える”似合う”は、頭の形、髪質、おデコの広さ、首の長さ、目の大きさ、眉毛の形、生えグセなどいろんなことを見て「この人にはこれが似合うな」と決めたりするからです。

その段階では”好み”は反映されていません。

お話をした上で好みを確認して、その”似合う”に味付けをしていくわけです。

だから僕が切っているスタイルのほとんどが似たようなスタイルです。

同じようなスタイルだけど、一人一人切り方を変えています。

当たり前です。

みんな同じ切り方をしていて同じようなスタイルになるわけがないんです。

髪質も違えば頭の形も違うんすから。

そして同じような形にするにはもちろん理由があります。

セットが楽なスタイル

”セットが楽”は、僕が大切にしていることの一つです。

ある条件を守ればセットが楽になります。(その条件はお店でご確認ください)

似合う=馴染んでいる=セットが簡単

ここら辺が”似合う”の定義かと思います。

もちろんスタイリングに時間をかける方は他のご提案もできますが、問題なのは“時間をかけないで”と言うところです。

乾かすだけでいい感じに。

長野に来てからそう言うご相談をいただく機会が多くなりました。

だからNUIにいらっしゃるお客様には基本的には”似合う”を提供させていただいてます。

ちなみにこのお客様は自分の髪は短くすると膨らむから長くしていたそうです。

でも僕からすると長いだけで“似合ってはいない”と言うのが素直な感想でした。

短くすると広がるのではなくて、

広がるような長さ設定のスタイルにしていたのが原因なのです。

収まる位置できれば手ぐしでこのような状態になります。

ホームページなどを見て、初めから「私に似合うスタイルでお任せで」と言っていただける方がほとんどなので、うちに求められているところはそこがメインかなと思っています。

このスタイルの詳しい解説ブログはこちら

クセ毛の原因と対策方法の実例”お客様向け”

自分の”似合う”を知ってから、好みを+α

失敗しにくいのはこう言う考え方だと思っています。

自分の”似合う”を知らないで”好み”に走ると、

「なんかまたイメージと違うんだよな…」

と言うような状態に陥ったしまうと思います。

それが繰り返されていくと、

「自分には似合うスタイルがないんだな..」

と言うようなネガティブ思考になってしまいます。

だからこそまずは自分に似合うスタイルを知ることが大事なんです。

それを知った上で、前髪や顔まわりなんかに自分の好みを+αすると、

「えっ私にこんなスタイルいけたんだ!!!」

と言う発見に変わるんです。

ご相談お待ちしております

実際にうちが紹介所として活動していくわけではないですが、お客様が入っていない時間帯であれば無料で問診orご相談くらいは行おうかなと思っています。

もちろんうちで解決できることなら全力でさせていただきますけどね^^

「毎回うまくいかないんだよな〜…」とお困りの美容室難民の方がいらっしゃいましたら、まずは相談して見てください。

僕が大事にしたいこと。

それは、

”長野に住む人の髪が素敵であること”です^^

LINE@でのご相談がスムーズかと思いますので、よろしければ下記からご登録お願いいたしますm(_ _)m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夫婦、個人で独立開業したい方向けの記事
体験談をまとめていますので、独立に向けて不安を抱えている方はぜひご覧ください^^        
          ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

結果が出ない美容師が独立するために必要なこと|nagatome_hair|note

ここ数年は独立やフリーランスで活躍される方が増えてきましたね。 とかくいう自分も、東京で10年務めたのち30歳で妻の地元”長野県長野市”で独立して夫婦美容室を経営し始めました。 顧客ゼロの状態からの経営開始だったので不安の連続。 でも今の時代だからこそできることがたくさんあるんだということにも気づけました。 …