お店側の”気軽にご相談ください”はどこまでが【気軽】なのか

”長野市のくせ毛大好き美容師”NUIのナガトメです

今日は日常のふとした疑問について。

よくお店側に「気軽にご相談くださいね〜」
と、言われるかと思います。

実際僕も言いますし、お店に行った時に言われたりもします。

でもこの気軽と言う言葉。
どこまでが気軽なんでしょう?

そんな風に思ったことありません?

僕は

お店側
気軽にご相談くださいね〜

と言われても、

トメ
言ってもそんなに気軽に相談はできないからねww

なんて思ってしまいます。

でもうちのお客様がそれでは困る。

困ります。

せっかくLINEと言うめちゃめちゃ気軽なアイテムがあるなら相談していただきたい。

なので、”こんなご相談受けてますよ〜”と言うLINEでのやりとりをご紹介いたしますね。
(もちろん名前は伏せていますのでご安心を)

1、ヘアセットのご相談

それに対してボブでもできるアレンジ写真を載せてのご提案

ボブくらいの長さだといきなり美容院に行って自分の頭がセットできるのかと結構心配になったりするかと思います。
そう言ったことでもご相談していただければこちらからの提案もできますので、事前のご相談は大事です。


2、フケについてのご相談

その改善策を

例えば、ふけで悩んでいるのに次に美容院に行くのは1ヶ月後だとします。

自分で解決できないのであれば誰かに相談したいですよね。

夫に聞いてもわからない。
友人に聞いてもわからない。

そんな時にNUIのLINEがあります。

全てを解決できるわけではないですが、多少の役にはたつと思います。

こんな風に何気ないことなんだけど、自分で考えていてもわからないことって結構あると思いますので、「こりゃ困った!!」と言うときは”気軽”にご相談ください^^

夫婦、個人で独立開業したい方向けの記事
体験談をまとめていますので、独立に向けて不安を抱えている方はぜひご覧ください^^        
          ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

結果が出ない美容師が独立するために必要なこと|nagatome_hair|note

ここ数年は独立やフリーランスで活躍される方が増えてきましたね。 とかくいう自分も、東京で10年務めたのち30歳で妻の地元”長野県長野市”で独立して夫婦美容室を経営し始めました。 顧客ゼロの状態からの経営開始だったので不安の連続。 でも今の時代だからこそできることがたくさんあるんだということにも気づけました。 …