クセ毛の原因と対策方法の実例”お客様向け”

長野市美容室NUIのナガトメです✂︎

くせ毛で悩んでいる方の本当の原因は何か

くせ毛で悩んでいると言うお客様とのLINEでのやりとりから施術内容まで書いていきたいと思います。
まずはこんなLINEでのご相談のやりとりです。

その後現状のお写真をいただき

と、簡単にカウンセリングをさせていただいたのちご来店いただきました

その時の状況を順を追ってご説明したいと思います。

クセの状況を知る

まずはクセの見極めを行なっていきます。

全体の写真

何となくクセがありますが一番大切な部分はこの写真では見えてきません。
今回のくせのポイントとして一番大切なところはこの”耳から下の毛”

このクセを活かすことでSさんの悩みが解決していきます。
と言うことは逆にこのクセを活かすことができないと悩みが解決しないと言うことになります。
(あくまでも短くすることが前提)

表面の毛が膨らむと言うのももちろん現状としてはあるのですが、
何より大事なのは”襟足の収まり”です。
ここが決まってくるとクセを活かすことが可能になってくると僕は考えています。

では早速ウエットカットから入っていきたいと思います。

クセが活きる長さを知る

まずは濡れた状態での襟足のクセの状態です。


耳下から襟足にかけて自然な丸みがあるかと思います。
この丸みを活かしたカットが必要になってくるのです。

この丸みは逆を言えばクセがないと出ない丸みで、”くせ毛の強み”と言えます。

もう一度同じ写真の大事な部分です。

ここと、

ここです。

そんなことを考えながらカットに進んでいきます。

ベース作りはウエットカットが命

僕はそのように考えています。

よく短くすると”膨らんでしまう”とか”跳ねる”といって短くすることを諦めてしまう方がいるのですが、

諦めないでください。

膨らんでしまうのは量感の削ぎすぎの問題、跳ねてしまうのは収まるべき位置で収まっていないだけと言う可能性があります。
皆様に該当するわけではないのですが、そう言ったことが原因の場合が多数です。

僕のベースカットは基本濡れている状態で行います。
その際量感の調節はほとんど行いません。

ウエットカット→クセの見極め
ドライカット→量感&質感の調節

と言う風に分けて考えています。

なぜ濡れている状態で量感を取らないかと言うと、量は乾いてから気になるからです

それが証拠に
ウエットカット終了後/ハンドブロー終了後

これだけ差が出るのに濡れている状態で量感を判断して減らしていくのはなかなか難しいです。

”乾かすと膨らむ”だからこそ膨らんでから量感調節をする

実際の乾き上がりは結構膨らんでいます。


でもそれでいいんです。
膨らむのがわかっていて膨らむのか、膨らまないと思っていたのに膨らんでしまったと言うものには大きな差があります。
僕がクセを活かして切る場合はほとんどの場合が乾かし上がると膨らんだ状態になります。

もう一回言いますね。

”膨らんでいいんです!!”

その膨らんだ状態を見て、いらない部分の膨らみを丁寧に削ぎ落としていくのです。

それよりも乾き上がりで見ていただきたいのは”クセの状態”
(”手ぐしのみ”ブラシは使っておりません)

このベースができて初めて全体の量感&質感調整ができると考えています。 そこから丁寧に丁寧に・・・✂︎

仕上がり

仕上がりはこちら

ご来店頂いた時の状態と比べてみるとこんな感じ

クセが活きて収まるべき位置に収まっているのがわかるかと思います。

後日お客様からのLINEで

このようなご連絡をいただいてアフターケアをさせていただきました。

僕がオススメしているのは”クセとうまく付き合う”と言うこと
縮毛矯正や髪質改善など今や色々手段はありますが、根本としては自分のクセが好きになればそれも必要ないのかななんて思っています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
クセがあると膨らむ&跳ねると言うのはもしかしたら違うのか?と言うことが少しでも疑問に思っていただければ幸いです。

まだまだこれからいろんなクセのタイプの方のモニターを募集したいと思っていますので、
ご興味がある方はこちらのブログに書いてある条件をお読みください^^
(モニターには人数の制限もございますので皆様をお受けできるわけではありません)

くせ毛モニター募集(くるくる編)

ではではくせ毛で悩んでいる皆様
ご連絡お待ちしております✂︎

夫婦、個人で独立開業したい方向けの記事
体験談をまとめていますので、独立に向けて不安を抱えている方はぜひご覧ください^^        
          ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

結果が出ない美容師が独立するために必要なこと|nagatome_hair|note

ここ数年は独立やフリーランスで活躍される方が増えてきましたね。 とかくいう自分も、東京で10年務めたのち30歳で妻の地元”長野県長野市”で独立して夫婦美容室を経営し始めました。 顧客ゼロの状態からの経営開始だったので不安の連続。 でも今の時代だからこそできることがたくさんあるんだということにも気づけました。 …